不 妊 で 悩 む 皆 様 へ


アキュレ鍼灸院では山梨県の中でいち早く不妊と鍼灸治療の効果に着目して治療を続けてきました。

そしてここ五年くらいで急速な勢いで不妊症に悩むカップルが増えてきました。

しかも昨今では病院で異常なしと診断されても妊娠に至らないパターンが急増しているのです。

原因が分からずに妊娠しない苦しみは相当辛いものです。 しかしながら当院の長年の臨床体験の中から赤ちゃんが授からない原因がハッキリとわかってきたのです。そのことで妊娠に至るカップルが飛躍的に増加してきました。

少しでも多くのカップルに赤ちゃんを授かる喜びを味わってもらいたいそれがアキュレ鍼灸院の切なる願いです。

妊 孕 力(にんようりょく)とは?


妊孕力(にんようりょく)とは妊娠出産する力の事です

西洋医学的な検査では異常が特に見当たらないのに妊娠に至らないカップルはこの妊孕力がないためなのです。
西洋医学側でもこの妊孕力については認めてはいるのですが、ほぼ年齢のせいにするか、生活習慣を変える指導に留まっています。
対処法がないのです。

確かに妊孕力は年齢と共に低下はしますが、昨今は比較的若い世代のカップルにも妊孕力の低下がみられます。 逆に0過ぎても妊孕力が高く妊娠出産に至るカップルもいるのです。

妊孕力は主に三つに分けられます

1.卵子力
2.精子力
3.子宮内膜力

卵 子 力


子の数はもともと生まれたときから決まっていてあとは月に1000個ずつ減っていきます。 ですから当然若い方が卵子力は高いと言えます。

卵子力を高めるためには少しでも状態の良い卵子を育てる必要があります。 これには卵巣に向かう血液の流れを常に正常に保ち、奇麗な血液の中で卵子を育てる必要があるのです。

当院の卵子力を高める治療は卵巣への血流を改善しますので、より卵が多く採れたり、質の良い卵が取れたりするのです。


精 子 力


精子力は西洋医学での検査で言うところの運動率、奇形率、数の事ではありません。 これらは顕微鏡下で目視で検査しているだけですので実際の精子の力は分からないのです。

精子力とは卵子の透明帯を突破するパワーであったり、その後受精して分割させていくパワーなのですこれらは見た目だけでは分かりませんし、西洋医学でも改善は出来ません。

しかしこれも心配ご無用です。精巣への血流を改善して精巣に奇麗な血液を流せば精子の力は劇的に改善していくのです。

子 宮 内 膜 力


子宮内膜力は受精した卵を着床させて育てて、出産させる力の事です。着床障害や不育症などの方がこの着床力がないために起こってしまう症状です。

これは子宮内膜への血流障害で内膜が薄くなったり、固くなってしまう現象と捉えています。たとえ内膜が厚くても固くなってしまえば受精卵を跳ね返してしまったり、受精しても維持が出来ないのです。

これも当院の子宮への血流を促進する治療で常にきれいな血液を子宮に送ることで厚くて柔らかい内膜を作ることが出来るのです。


女性の妊孕力低下の原因


それでは妊孕力が何故低下したのでしょうか? 男女ともに原因はありますが、まずは女性側の原因です。それには大きく分けて次の二つに分かれます。それが以下の二つです。

1.女性ホルモンの放出障害
2.子宮卵巣への血流障害


1. 女性ホルモンの放出障害

女性ホルモンは言うまでもなく妊娠に一番重要なホルモンです。 女性の一生はこの女性ホルモンの影響を受けていると言っても過言ではありません。

この女性ホルモンは大脳視床下部から指令が出され、次に脳下垂体から卵巣に指令が出される三つの段階を辿るのです。不妊治療で最も重要なポイントは脳から出るホルモンです。

ここはストレスと自律神経の影響をダイレクトに受けますので卵巣までうまくホルモンの命令が下らないのです。当院ではこのストレスと自律神経の治療で脳からのホルモンの放出を促します。

① 精神的ストレス
② 自律神経失調症



2. 子宮卵巣への血流障害

子宮卵巣への血流障害が原因で機能低下を起こしているのです。
これは病気ではありませんが、うまく臓器が働いていない状態の事です。

当然ですが、この状態が長引きますと卵巣膿腫や子宮筋腫などの病気を引き起こすのです。

ではなぜ子宮卵巣への血流障害を起こしているのかと言いますと、おおまかに言えば以下の6つの原因が考えられます。6つの原因を改善して子宮卵巣への血流を改善して妊孕力を高めます。

① 汚血
② 子宮卵巣の冷え性
③ 骨盤の歪みよる血流障害
④ 子宮卵巣の老化
⑤ 手術痕 
⑥ 下腹部の浮腫



男性の妊孕力の低下の原因


今や男性不妊の原因も不妊全体の半数を占めるほどになってきました。以前に比べますと男性の不妊に対する意識も向上してきましたが、まだまだ当院を訪れる男性は女性の三分の一程度と低いのが現状です。男性の妊孕力をは女性に比べてすぐに向上しますので治療しないと損と言えるでしょう。男性妊孕力の低下の原因は以下の通りです。

① 冷え性
② 慢性腰痛
③ 薬害
④ 生活習慣



まずは不妊検査を!!

この不妊の原因は男女共に最初の不妊検査で精査致します。不妊の原因は病気ではないために自覚がしにくいのです。病院で異常なしと判断されると、そのまま妊孕力低下の原因を放置してしまい、いつまでたっても妊娠しないのです。最初に自分の妊孕力低下の原因をしっかりと把握することが赤ちゃんを授かる第一歩なのです。



アキュレ独自の不妊治療で妊孕力を高めよう!!

キュレ鍼灸院は長年の臨床データにより独自の不妊治療を開発してきました。
その治療の基本は女性の場合は子宮卵巣の機能を向上させるために,高周波深部加温器で温めて内臓の冷え性を改善させます。次に鍼治療で刺激をして下腹部に溜まった汚血を取り除くのです。

その結果、血流が改善され良質の卵が出来て、着床しやすい内膜を作るのです。 と同時に自律神経の鍼とストレス治療で脳からの女性ホルモンの流れを改善します。

男性の場合は内臓の冷え性を取り除き、腰痛などの慢性疾患と日常生活の改善で精子の妊孕力を向上させます。 この一連の治療を繰り返して妊娠しやすい体質に体質に変えていくのです。


当院では妊娠から出産までをサポート!!

不妊治療のゴールは妊娠ではなく出産です。

妊治療のゴールは妊娠ではありません。たとえ着床したとしても出産しないと意味がありません。

最近では妊娠はするものの、流産を繰り返す不育症も増えていますし、特に40才過ぎてからの初産は流産の危険性が高まります。

妊娠後のサポートは主に足を赤外線で温めながら頭皮ケアやエステで積極的に脳へのストレスを解消していきます。妊娠後も気を緩めることなく体を徹底的にリラックス状態に持っていき、自律神経を整えて女性ホルモンを出し続けさせ、無事出産を目指します。


事 前 個 別 説 明 会


不妊症は病気ではありませんので、しっかりと今の自分の状態を把握して頂き、今後どのようにしていったら良いのかを理解していただきたいのです。その為には十分なカウンセリングが必要となります。


ただ、これだけ不妊の患者さんが増えてきますと治療に時間を取られてしまい、十分なカウンセリングの時間が取れないのが現状です。

そこで不妊治療をお考えのご夫婦に診療時間とは別に事前に個別説明会を開きたいと思います。


不妊についてもっと良く知ろう

だれしも自分が不妊になるなんて夢にも思っていないのです。通常の病気ならある程度の知識があるのですが不妊の知識を持っている人はそう多くはありません。患者さんの不妊に対する知識の向上に少しでも役立てばと思い、不妊のサイトとブログを別途設けました。


ご予約・お問い合わせはこちらから