40代からの不妊治療

40代でも妊孕力は上がる!!

最近では40歳からの初産を目指す女性が多くなってきました。

当院でも半数以上が40代の女性です。

昨今では芸能人の方の妊娠の情報が多く、40代でも妊娠が十分に可能だと思われる方も多くなりましたが、実情はそんなに簡単なものではありません。

やはり2,30代の女性の体とは大きく違ってきますし、妊娠率もガクッと落ちてくるのは周知の事実です。

ですが、だからと言って赤ちゃんを諦めるのはまだ早いのです。

当院独自の妊孕力をアップする治療を受ければ40代でも妊娠出産の確率が格段にアップするのです。


40代からの不妊治療は2、30代の3割増しの治療を!

40代の体は閉経に向かって進んでいますので、卵巣、子宮共に非常に感覚が鈍くなっているのです。

ですから2、30代の方のような治療ではうまくいかないことが多いのです。

当院では妊娠しやすい体質とはどんな状態かというのをハッキリと掴んでいますが、40代の方は妊娠しやすい体になっても更に治療が必要です。

というのも日に日に老化により子宮卵巣が固くなっていきますので、妊孕力アップと共に老化のスピードも一緒に抑えなくてはならないからです。


40代女性は妊娠してからの治療が大変重要になってきます。

40代の初産は流産率も非常に高くなってきます。

常々患者さんに言っていることですが、不妊治療のゴールは妊娠ではなく、出産なのです。

特に40歳を超えますと染色体の異常も多くなり、子宮自体が固くなってきてしまいますので、着床しても流産してしまう確率が非常に高いのです。

着床してからがむしろスタートなのです。

当院では脳へのストレスを軽減させる治療を行い、女性ホルモンを大量に放出させて妊娠継続をさせる治療を致します。

この脳ストレスケアを治療に追加させたことで40代からの出産率を飛躍的に上昇させてきました。


実は40代になると妊娠に良いことも結構ある!!


40代からの出産は悪いことばかりのような感じがしますが、実は良いことも結構あるんです。

子供を望んでいるのに出来ないストレスは相当なものです。

これが若い時ですと視野が狭くなってしまい、自分を追い詰めるような患者さんもいるのです。

しかし40くらいを過ぎますと気持ちの余裕と言いますか、人生経験の多さと言いますか、うまくストレスを回避出来るようになってくるのです。

良い意味で焦らなくなってきますので脳からの女性ホルモンが出やすくなるのです。

もうひとつは生物学的に見ても出産のラストチャンスになってきますので女性ホルモンが大量に放出されます

これは種の保存の法則が大きく関わってくると思われます。

ろうそくの炎が消える刹那に大きく燃えると同じような現象が起こるのです。

以上の二点から見ても若い世代には見られない妊娠へのチャンスが生まれるのです。

事実当院でも40代の女性の妊娠率は高いものがあります。