男性不妊の原因


男性の精子だって劣化する。

男性陣は未だに男はいくつになっても子供が産めるなんて信じている人が多いのに驚きますがそんなことはありません。

年齢と共に精子の質は確実に落ちます。

問題なのは精子の質とは染色体が正常なのか?ということです。

精子は毎回作られますから卵子よりは劣化が遅いのですが、年齢と共に当然染色体の異常が現れやすくなります。

精子の中にある遺伝子情報はその都度コピーして作られますが、コピーの回数が増えるほどコピーミスも増えてくるのです。

これは老化も同じですが年齢と共にコピーミスが増えていくのです。



ところが、良く言われるのが「病院での検査では異常はありませんでした。」というものです。

病院での検査で異常なしと言われると安心してしまって自分には異常がないんだと誤解する男性が多いのです。

女性の方も頑なに病院の検査を信じますので原因は自分にあると思い込んでいることが多いのです。

これはどういうことを言っているのかと言いますと病院での精子検査はシャーレに精子を入れて数を調べたり、運動しているかを調べているだけなのです。

所謂見た目だけで判断しているのです。

精子の染色体が正常かどうかは判別していません。

何故ならば今の現代医学では染色体異常を起こしている精子を治すことが出来ないからなのです。

ですから対症療法的にタイミング→人工授精→体外受精→顕微受精と受精の方法をステップアップしていくしかないのです。

夫婦共に西洋医学的に異常なしで顕微授精までしても妊娠出産に至らない場合は男性の染色体異常も考えられるのです。


染色体異常を起こしていない質の良い精子を作るには?


それでは染色体異常を起こしていない質の良い精子を作るにはどうしたら良いのでしょうか?

これは女性の場合と同じで精巣に行く血流を改善することと脳疲労を改善することで解決します。

不妊に限らず運動器系疾患以外は脳の自律神経が影響しています。

これは現代人のパソコンやスマホへの依存で脳への血流が悪化していることが原因です。

首コリや肩こりを改善する事により脳への血流を改善して脳疲労を解消するのです。

もう一つは精巣への血流改善ですが、これは姿勢の悪化による骨盤の位置異常により起こるものなので、骨盤の位置の矯正で改善するものと思われます。



★男も冷える現代社会

以前は男が冷え性なんて言ったら笑われたものでしたが、現代の男性は冷え性が多いです。

これも冷たい食べ物が影響しています。

男性も子供の頃からアイスや氷に慣れ親しんでいるため内臓が冷えてしまっているのです。

女性が出産するまで冷たい食べ物は避けて頂きたいものです。




★最後に一番重要なのがタバコです

精子の染色体を傷つける一番の原因はタバコです。

タバコのニコチンは血管を収縮させる作用があります。

精巣へ行く精巣動脈を収縮させ精巣内の血流障害を招きます。

タールは発がん性物質ですので染色体を直接傷つけます。

精子は常に作られますが、細胞の再生と一緒なので精子の産生には90日くらいはかかります。

せめて妊娠のタイミングに合わせて最低三か月前からは禁煙して欲しいものです・



以上の男性不妊原因を踏まえた治療を当院では行っていきます。

① 首肩こりを解消して脳への血流を改善
② 骨盤の歪みを解消して精巣への血流を改善
③ 日常生活で冷たい食べ物を食べない。
④ タバコを止める