眼精疲労

  
    眼精疲労は肩こりと同じく昨今のパソコンや携帯、ゲーム機器の普及に伴って非常に多くなってきている症状です。
 
   ひどい人は眼を開けていられない、ドライアイがひどいなどの症状を訴えてきます。随伴症状として頭痛や眉間の痛みを
   伴う方も多くいらっしゃいます。

   この眼精疲労も目の周囲のコリが原因ですが、首肩周囲の凝りも脳への血流阻害によって影響を受けるのです。



     

   

@ 眉間 STA

   
   この部位には鼻根筋があります。集中して目を
   寄せるとこの筋肉が緊張します。

A 眼がしらSTA

   ここには皺眉筋と眉毛下制筋があります。指で
   ついもんでみたくなる箇所で、眼の奥が痛いなど
   と感じる箇所もここです。

B  こめかみSTA

    ここには側頭筋があります。いわゆるこめかみ
    ですがここが凝ってくると頭痛もそうですが
    目を締め付けるような感じになるので非常に
    重要なツボです。

  
 
   


C 頭頸部境界線STA

  
眼精疲労では欠かせない箇所です。ここのつまりを
  取るだけでも視界が広がる人が多いです。

 
D 板状筋STA

  
板状筋も重要なポイントです。