自律神経失調症とは?

私たちのからだの中の神経には、「体性神経」と「自律神経」という2つの神経があります。体性神経は、自分の意志で働く神経です。熱い、暑い、痛いなどの感覚を脳に伝えたり、脳の指令でからだを動かすように作用します。一方、自律神経は、自分の意志で働かせることのできない神経です。内臓や血管、瞳孔、汗腺などの働きは、この自律神経によって支配されています。心臓の動き、血圧、食べ物の消化、体温の調節など、生命を維持するうえで重要な体の機能をコントロールしているのが、自律神経なのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がある。


自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があります。これらは対照的な働きをもっていて、ほとんどの器官はこの2つの神経が同時に働くことで維持されています。

交感神経の主な働き

呼吸が速くなる、心臓の動きが速くなる、血管が収縮する、血圧があがる、胃腸の働きを抑える、膀胱が広がる、子宮が収縮する。

副交感神経の働き

呼吸が遅くなる、心臓の動きが遅くなる、血管が広がる、圧が下がる、胃腸の働きを活発にする、膀胱が収縮する、子宮が広がる。

以上のように交感神経は運動をしている時など、体を活発に活動させる時に働く神経です。逆に副交感神経は交感神経の逆の働きをします。副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。例えば、食事中、睡眠中などです。

自律神経失調症はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れるときに現れる症状で、同時にいくつもの症状があらわれるケースが多く見られます。また、同じ症状がずっと続くのではなく、変わっていくのも自律神経失調症の特徴のひとつ。例えば食欲不振やめまいなどの症状があったかと思うと、次には頭痛や肩こりなどがあらわれたりすることがあります。人によっても、症状のあらわれ方はさまざま。同じ病気とはいっても、微熱や動悸に悩まされる人もいれば耳鳴りや不眠に悩まされる人もいます。

・ 全身症状   疲れやすい、めまい、不眠
・ 精神症状   不安感、無気力、記憶力低下
・ 頭部     頭痛、頭が重い
・ 耳      耳鳴り、耳の詰まり感
・ 筋肉     肩こり、頸筋の凝り、 腰痛
・ 皮膚     かゆみ、多汗、じんましん
・ 手足     しびれ、冷え、ほてり
・ 目      目の疲れ、涙目
・ 口      口の渇き、味覚の異常
・ 呼吸器    息苦しい、息切れ、のどの違和感
・ 循環器    動悸、不整脈、立ちくらみ
・ 消化器    食欲不振、胃の痛み、下痢
・ 泌尿器    頻尿、残尿感、尿が出にくい
・ 生殖器    月経不順、月経痛

 首のコリをほぐせば自律神経失調症は治る

今のストレス社会とインターネットの発達により、脳に与えるダメージが大きくなっています。このために自律神経をやられる患者さんが急増しています。この自律神経失調は東洋医学的に見れば首のこりがあるために脳への血流障害が原因です。

自律神経失調症の原因を西洋医学ではストレスを重要視しています。確かに現代社会の中で、人間関係、夫婦関係、子供の事や経済状況、将来の事となど不安要素をあげたらキリがありません。もちろんストレスも大きな原因なのですがアキュレでは首のコリを重要視します。自律神経は大脳の視床下部という場所で制御されていますが、この部位は言うまでなく頭蓋骨の脳の中に位置していますので外側からは何もできませんが、大脳と脊髄神経の中間点に脳幹と呼ばれる部位がありますが ここは頸椎の前に位置していますので頸椎に歪みが起こると圧迫されて神経障害を受けます。この圧迫を除いてあげると視床下部と脊髄への神経の流れが良くなり、自律神経が正常になります。また神経的な問題もありますが首が凝ると頸動脈と椎骨動脈を圧迫しますので脳に血流障害も起こすことになります。 

自律神経失調症の患者さんは自分で首を触ってみても分かるくらいに首にゴリゴリとした硬結があります。この筋肉のコリをほぐしてあげることによって、頸椎の歪みを直し、その中を走る脳幹や頸動脈の圧迫を 取り除くことによって視床下部へのエネルギーの流れを通常に戻すのです。 視床下部が本来の動きを取り戻せば自律神経は快調に働き出すのです。

   

自律神経の治療点  (頭頸部境界)

この部位は頭と首の境目に位置する場所です。個の境目は通常ではいわゆる遊びがあって隙間が存在します。その隙間が充分に空いていれば神経や血管の流れが正常になるのですが、首が凝っていると隙間がなくなり、脳への血流障害が起こるのです。

 首の凝りは何故起こる?

首こりの原因は主に次の二つが考えられます。

ムチ打ちの後遺症

特に自律神経にまで異常になるような患者さんは過去に交通事故を起こして鞭打ちの後遺症がある人が多いのです。このムチ打ちは過去にしているもので、今更影響がないだろうと思っている方が非常に多いのですが そんなことはありません。しっかり治さないと何年たっても治りません。ムチ打ちは首の靭帯や筋肉を思いっきり伸ばしてしまう疾患です。首の捻挫と言って過言ではありません。捻挫跡は硬くなってしまい、周囲の筋肉や血管神経に影響を与えてしまいます。この硬くなった筋肉はほっておいても 怪我の痕ですので柔らかくはなりません。むしろほっておいて運動不足などが重なると年々硬くなり、深く沈んでしまう性質がありますので延髄付近にまで大きな影響を与えてしまうのです。凝りが硬くなり、深く沈んでしまいますと鍼治療でないと大きな効果が得られない場合が多いのです

姿勢からくる首こり

これは言わずとも知れたスマホなどの携帯機器が原因でしょう。街角などではよく下を向いてスマホを見ている人を良く見かけます。また夜遅くまでスマホのゲームなどをやっている人も多いと思います。頭を下に向けて長時間いる姿勢が首に相当な負担をかけます。この姿勢からくる首凝りは日ごろの生活習慣の改善で多少の効果が見られます。

自律神経失調症に関するお問い合わせ、ご予約

山梨県甲府市青沼3-18-1

平日9:00~19:00最終
     日曜、月曜 定休

診    6000円
二回目以降 4000円