顔面神経麻痺とは?

顔面神経は笑ったり、口を尖らせたりする様々な顔の表情をっている表情筋と呼ばれる筋肉を動かす働きをします。表情筋は顔の片側に20個ほど存在し、両側に対称的に並んでいます。顔面神経がなんらかの原因で傷害されると表情筋が動かなくなり顔面神経麻痺となります。通常、麻痺は片側の顔面に起こるため、笑ったりすると顔がゆがんでしまいます。顔面神経麻痺には痛みは伴いません。痛みがあるものは三叉神経痛として区別しています。 


顔面神経麻痺の症状

1.眉毛下垂(びもうかすい)

眉毛を吊り上げている前頭筋の麻痺で起こります。両方の眉毛の高さが違ってしまうので、顔がゆがんで見えます。また、上まぶたの皮膚もたるむので物が見難くなります。

2.麻痺性兎眼(とがん

目を閉じる働きをしている眼輪筋が麻痺するため、目が閉じられません。角膜・結膜が乾燥し目が痛くなり、石鹸などで洗顔もできません。ひどい時には角膜が 潰瘍を起こし混濁してしまいます。機能的には失明というもっとも重大な障害を起こします。
  
3. 笑いの表情

笑った時に顔が 健側(けんそく)にひきつれてゆがんでしまいます。容貌上、患者さんが一番気にする表情の異常です。

4.口の麻痺

口を尖らせないのでストローなどがうまく使えません。下くちびるの麻痺では、口がゆがんで見えます。



顔面神経麻痺の原因

顔面神経麻痺を起こす原因には多くのものがあります。一番多いのは、ヘルペスウイルスによる感染で顔面神経が破壊され麻痺が起こるベル麻痺とハント症候群です。中でも単純性ヘルペスウイルスの感染が原因で起こるベル麻痺は、全麻痺患者さんの約60%、水痘疱疹(すいとうほうしん)ウイルスの感染が原因で麻痺が起こるハント症候群は15~20%と、統計的に顔面神経麻痺の80%近くがこの両者で占められます。鍼灸治療に来られる方はこれ以外の原因の方が多いのです。これ以外の原因とは顎近辺の筋肉が固くなってしまい顔面神経を圧迫するのもです。


顔面神経の出口の圧迫を解消せよ!

STA理論では顔面神経麻痺は顎の後ろにある脳からの顔面神経の出口である茎乳突孔付近の筋肉の硬結を除去することが一番の近道です。筋肉の硬結が茎乳突孔付近を圧迫してしまい、顔面神経の麻痺を起させる事になります。の顎の後ろであり、耳の下付近でもあるこの場所は首の支える最大の筋肉である胸鎖乳突筋の付け根の部分です。この筋肉は元々が筋張っていて硬い筋肉 です。この筋肉が緊張して硬くなる他の肩や腰の筋肉のコリと違った感じに硬くなります。まるで脳卒中の患者さんの手足のようにいくら揉んでも柔らかくならないような硬さになるのです。治療では強い刺激は却って症状を悪化させてしまいます。 当院ではこの異常に硬くなってしまった顎下から顔面部にかけて高周波の温熱 療法と細い鍼を使った微弱な刺激両方で治していきます。



顎関節の異常が顎周囲の筋肉を固くする!!


顔面神経の出口は解剖学的に見ても顎関節に非常に近いので顎関節の異常が原因の場合が多いのです。最初に顎周囲が痛くて次に耳の後ろあたりが痛くて顔周辺がマヒしてくる場合があります。中でも長年、顎がガクガクしたり、あごが開きにくいなどの顎関節症を患っていますと顔面神経麻痺にもなりやすいで要注意です。しかし、大多数の患者さんは顎に異常を感じません。かみ合わせの異常や、歯ぎしりなどの習慣でじわじわと顎関節周囲の筋肉が固くなってきます。そして気づいたら顔面神経麻痺が発症しますので非常に厄介なのです。 


鍼治療とインディバのコラボ治療が有効!


面神経麻痺の硬結は通常の筋肉のコリとは全く違います。顔面神経の出口が一気に硬くなり神経麻痺を起こしますので、脳卒中の患者さんのように筋張った感じになりますので、強引に強くもんだり、強刺激の鍼をすると却って悪化する事もあります。当院ではインディバでじっくりと温めた後に細めの鍼で15分くらいの置鍼療法を施します。治療時間も長くすると良くありませんので短めにしていきます。高周波インディバで施術することにより従来の鍼治療のみより治療効果がアップするのです。


 顔面神経麻痺治療費用

・ 初回 6000円

  二回目以降

鍼灸治療   4000円       
インディバ  5000円
鍼灸 + インディバ 8000円



顔面神経麻痺の鍼灸治療 お問い合わせ 予約はこちらから